40歳以上 流産

40歳以上の高齢だと流産しやすくなる?確率は?|40歳以上の妊娠
Line

40歳以上の高齢だと流産しやすくなる?確率は?


40歳以上の高齢になると、妊娠できる確率も低くなってしまいますが、流産してしまう確率も上がってしまい、無事に出産できる確率が低下してしまいます。

妊娠初期の流産の確率は、29歳未満の場合で約7.5%、34歳までで約8.5%、39歳までで約13.1%だといわれています。

これが、40歳をこえると、44歳までで約24.1%と跳ね上がってしまい、45歳から49歳まででは約36.6%です。

29歳未満の女性の約7.5%と比較すると、5倍に近い確率になってしまうわけですね。

妊娠全体の流産の確率では、20代の女性で、10〜20%、つまり、5回に1回くらいの割合で流産してしまうと考えられています。

でも、この場合でも、40代になると、30%以上になってしまうため、高齢になるほど流産しやすくなるといえるでしょう。


Line

どうして40歳以上の高齢だと流産しやすいの?


どうして40歳以上の高齢だと流産しやすいのかというと、老化に伴って卵子の質が低下してしまうためです。

そもそも、女性の卵子の元となる細胞は、生まれた時に一生分が体の中にあります。

その中から毎月、卵子となっていき、良いものが排卵されるわけです。

つまり、毎月の排卵ごとにその細胞は減っていきます。

しかも、体のコンディションによって、細胞も老化していくので、卵子の質が低下してしまうのです。

卵子の質が悪いと、健康な赤ちゃんが育つことができず、途中で流産してしまうということになります。


Line

40歳以上の高齢でも流産しない方法ってあるの?


流産してしまう原因は、ほとんどの場合、赤ちゃんの側にあるといわれています。

お母さんが何かしたから流産したのではなく、赤ちゃんの生命力が足りなかったと考えられているのです。

でも、流産を繰り返してしまう方の場合には、お母さんの方に何かしらの原因があるのかもしれません。

それに、体を冷やさないようにする、栄養状態を良くするなど、一般的に推奨されていることを心がけることで、体内の赤ちゃんの発育を助けてあげることはできるでしょう。

当サイトの人気記事

 1番人気! 40歳以上(40代)の妊娠、出産の確率 私が葉酸サプリを切り替えて妊娠した話  


19491
Line