40歳 流産 確率

40歳を超えると流産の確率があがる?|40歳以上の妊娠出産
Line

40歳を超えると流産の確率があがる?|40歳以上の妊娠出産

40歳を超えると流産の確率があがるのかというと、あがってしまうでしょう。

妊娠初期での流産の確率は、34歳までが約8.5%、39歳までが約13.1%と加齢に伴って増えていきます。

40代の場合には、44歳までが約24.1%で、45歳から49歳までは約36.6%だといわれています。

妊娠全体の割合でみても、30%以上の確率で流産してしまうのです。

40代で流産した人の中には、その悲しみをのりこえて再び妊娠し、出産に至った人もいますが、流産のショックから立ち直れずに子供を諦める人もいます。

流産してしまう場合、それ以上は育てなかった理由が胎児の側にあり、母体には特に問題がないことも多いです。

流産を繰り返してしまうのであれば、母体に妊娠を継続できない要因があるのかもしれませんが、そうではないケースでは胎児に原因があることがほとんどでしょう。

流産してしまったとしても、妊娠することはできるのだからと気持ちを切り替えて、妊娠するための努力を続けるしかありません。

当サイトの人気記事

 1番人気! 40歳以上(40代)の妊娠、出産の確率 私が葉酸サプリを切り替えて妊娠した話  

Line